グローバルな時代に突入|ビジネス英語を極めて一歩前進するべし

英語が分かれば世界が広がる

英語を話すということ

人形と英語

英語を話せるのと話せないのとでは様々な違いがありますが、中でも最たるものは「自分の将来の選択肢が増える」ということです。日本では、最低でも英語の勉強を中学の3年は続けます。高校、大学に進学し、英語を履修すれば10年ほど勉強できる機会があります。しかし、それでも英語を話せる人は少なく、実践で活用できる人は少ないです。会話ともなると文章の読み書き以上に出来る人は少なく、ほんの一握りの人しかいません。だからこそ、英語を話せる、もしくは読み書きできる人というのは貴重な存在であり、ビジネス英語が出来る人というのは歓迎される傾向にあります。
ビジネス英語を学ぶことで、未経験者の中途採用でも採用される確率は高くなりますし、新卒でも多くの企業に就職できるチャンスが広がります。つまり、英語を学ぶというのは、より多くのチャンスを作るということでもあるのです。そのためか、英会話スクールでは社会人、もしくは大学生用の英会話スクールでビジネス英語のレッスンを行っているところが多いです。ここでの勉強は、ビジネスに使う英会話や英語のレッスンを行い、学校では学べない英語の授業を学んでいくことになります。
ビジネス英語をマスターするための英会話教室は日本全国様々なところにあるので、インターネットで検索すれば簡単に見つかります。この時、なるべく地元、もしくは通学・通勤コースにある学校を選んだほうが移動にムダがなく、スムーズに授業をうけることができます。英会話スクールへの移動までにかかる時間は長ければ長いほどモチベーションに影響するので、比較的近いところを選びましょう。現代はグローバルな時代に突入しているのです。

場所選びが重要

英語

英会話スクールで勉強するのならば、場所選びは特に重視しましょう。駅近くの場所を選ぶと通学や通勤途中で通うことが出来るので帰りに勉強をして帰りやすくなります。三宮は駅近くに英会話スクールが多いです。

もっと詳しく

留学前に勉強

国旗と婦人

留学先で身の入った勉強及びコミュニケーションを取りたいのであれば、事前に英会話スクールで会話を勉強し、実戦形式の会話に慣れておきましょう。物怖じせずに会話ができれば、留学は更に楽しくなります。

もっと詳しく

海外進学に必要な資格

筆記用具

TOEFL対策では学校の授業だけでは万全とはいえません。英会話教室の勉強もTOEFL対策として活用することができます。会話能力と読み書きの能力も要求されるからです。

もっと詳しく